2014年12月22日

今日は記念すべき・・

 1年前の今日、1316グラムの女の子が生まれました。「18トリソミー」という染色体の異常を持っていました。
 小さくても力強くパパママの愛に包まれ、生後5ヶ月を迎え退院。4月下旬からクリニックの訪問診療が始まりました。小児の訪問診療はクリニックで3例目です。当初はママも不安で一杯なのがとても伝わりました。私たちも何が出来るわけでもなく恐る恐る診察介助をさせて頂いていました。
 成人の方と違い、小児は毎回「生きる」パワーをとてつもなく感じ、少しふっくらしたほっぺを見てとてもうれしく思ったり、ママも少しずつ貫禄が出てこられたことに在宅での喜びをみんなで感じながら8ヶ月が経ちました。
 その間、熱が出たりむくみが出たり、酸素がうまく取り込めなかったりということがありました。
 一番心強かったのが「訪問看護師」さんの存在です。訪問看護なしでは在宅生活は出来ないと思います。
 24時間いつでも対応していただいたことで今日無事に1歳のお誕生日を迎えられたと思います。今日は家族写真を撮りに行かれるとお聞きしています。とてもうれしい報告です。
 これからクリスマス、お正月、そして・・3月にはお姉ちゃんになります。
 私たちもささやかに見守り、応援していきたいと思います。

 ○きちゃん、お誕生日おめでとう〜(^o^)

                     看護師長  藤本
 
 

2014年12月03日

師走になりました

師走に入り、一段と寒くなりました。
 ・・でも、寒い寒いとばかりは言ってられません。寒いからこそ楽しもう精神で、クリスマスやお正月などのイベントをいかに楽しもうかと考えているとワクワクしてきてきます。
 時には師走の忙しさはどこかに置いて子供と同じ感性でドキドキワクワクを味わうのも寒さを紛らす一つの手段かもしれません(笑)
 私は手作りのクリスマスカードを作り、お友達にプレゼントしようと思います。
クリニックにこのブログを見て私に声掛けていただくとプレゼント出来るように来週から作成頑張ります!
皆さんやお友達の喜んで頂けるお顔を考えるだけでワクワク、心がポカポカになります。

 今回は先日死去された、高倉健さんが生前ある刑務所で受刑者に涙ながらに訴えられたメッセージを筆文字に書いてみました。

PB210663.JPG


クリニックでは風邪で来院される方が多くなってきました。皆さんお気をつけ下さいね。

                          看護師長  藤本