2011年06月19日

ボランティア最終日

いよいよ最終日。

物資配布日のため、朝から被災者を受け入れる準備から着々と進めました。

さすがにみんな各持ち場の手際が良くなり、余裕をもって被災地におもてなしが出来ました。

あっという間に3時になり、体育館にはボランティアだけになりました。

みんな、一生懸命やりきったという思いと、これで解散…地元のボランティアの方とお別れしなくてはいけない切ない思いで、体育館に大きな拍手が響きわたりました。

「熊本からホントにありがとう、あちらは大雨で大変なのに、よく頑張って来てくれたね。気をつけて帰りなさいね」

みんなで抱きしめ合って、手をにぎりあってお別れをしました。

相手が相手を思いやる…

心はひとつ…

身をもって感じることが出来ました。

夜は退団式のあと、地元の夏祭りに参加。

会津磐梯山の歌で地元の方に混じって踊りました。

明日は6時半にはキャンプ地出発。

一生懸命忘れられない経験させていただきました。
長期間お休みさせて行かせて下さったクリニックの皆さん、そして家族に感謝です。

ホントにありがとうございました。
mini_110618_09490001.jpgmini_110618_09440003.jpg110619_0713~01.jpg
posted by Tぼらん at 07:14| Comment(2) | 日記

2011年06月17日

被災地にて

写真は被災者の方がおられ、なかなか撮ることが出来ません。

車の中から数枚撮りました。
mini_110617_163500010001.jpg110617_1633~010001.jpg
posted by Tぼらん at 17:19| Comment(0) | 日記

被災地にて

往復五時間、いわき市久之浜。

津波に飲まれた町を目の前にメンバーみんな言葉になりませんでした。

まだまだ復興には時間がかかると、我が家を失った地元の方を思うと胸が痛みます。

帰りの車では大きなため息…

きっとみんな色んな思いをしていたと思います。

この惨状をいつまでも忘れない。私はそんな思いで被災地を後にしました。
posted by Tぼらん at 17:13| Comment(0) | 日記