2016年04月04日

Mさん本当にありがとうございました

 今日早朝にMさんが奥さんや娘さんたちに見守られながら安らかに眠るようにして亡くなられました。90歳でした。
 「少し、身体がだるい」と言うMさんを検査をしたら、重度の貧血がありました。総合病院(Mさんはかってその総合病院の事務長をされていました。)に紹介すると、進行した胃ガンがあり、すでに肝臓に多発性の転移を起こしていました。手術も抗ガン剤の適応もなく、保存的に治療するしかなく、予後は長くもっても6ヶ月と言われました。今年の7月初旬でした。輸血を受けて少し元気になって退院されたMさんはその後クリニックに週に3回、鉄剤の注射に来られていました。秋津レークタウンクリニックの直ぐ近くに住んでおられ、26年前、クリニックがオープンして以来ずっとクリニックを受診されていました。
 今年に入ってからは胃ガンの進行と肝臓転移の悪化により、歩くのがしんどくなられ、通院が困難になり、訪問診療を始めました。
 もともと非常に温厚な性格で、笑顔を絶やすことなく、人にとても気を遣われる方でした。「胃に悪性の腫瘍があり、肝臓に広がっています。手術や抗ガン剤は難しいので貧血や痛みなどを取りながら家でゆっくり過ごしていきましょう。」と病名の告知をしても、落ち込まれることもなく、「分かりました。よろしくお願いします。」と笑顔で答えられました。
 それからは奥さんと娘さんたちがいつもそばに付き添い、心からの看護と介護を続けられました。クリニックでは週に2回の訪問診療を行いました。「何か不安なこと、希望はありませんか?」と訪問診療のたびに訊ねましたが、「何もありません。」といつも笑顔で答えられるだけで、、帰る時にはしっかりと手を握ってくれました。
 3日前の4月1日、「眠ってばかりで少し様子がおかしいようです」という家族の方からの連絡で往診をすると、「だんだん悪くなっているのが分かります。もうすぐだと思います。」と手を握られました。「死が迫っていると思われるということですか?」と訊ねると、「そうです。もうすぐ私は逝きます。あとの処理をよろしくお願いします。」と握る手に力を込められました。「私はクリニックが大好きでした。でもクリニックを十分、支えることができず申し訳ありませんでした。これまでありがとうございました。」Mさんは涙ぐみながら語られました。いいえ、Mさん、十分すぎるほど支えていただきました。Mさんの笑顔、私達への温かい声掛けはどれほど私達を力づけてくれたことでしょう。Mさんは昨年5月30日のクリニックの25周年パーティにも来ていただきました。そのときはすでにMさんの中では胃ガンと肝臓転移が進んでいたのです。きっと身体はきつかったと思いますが、しかし、そんなことは少しも出さずに、ただ私達を励ますためだけに来ていただいたのですね。そして、こうして亡くなる直前になっても自分のしんどさを訴えるのではなく、私達を励ましてもらうなんて。
 僕はMさんに出合って本当に幸せでした。Mさんの笑顔と優しさのあまりの深さに心が震えています。Mさんの優しさ、温かさはこれからずっと僕を照らし続けていくと思います。本当にありがとうございました。どうぞ安らかにお眠り下さい。
posted by Tぼらん at 22:54| Comment(0) | クリニックのブログ

2015年06月18日

Sちゃん頑張ったね。安らかに眠ってください。

Sちゃんは一昨日1歳5ヶ月の短い命を閉じました。18トリソミーという重い障害を持って生まれ、懸命に精一杯生きてきました。18トリソミーに伴う、心室中隔欠損症と動脈管開存症という重い心臓病からの心不全による死亡でした。先週から少し体調を壊し前日は鼻づまりがひどくなっていました。一昨日、市民病院を救急受診したのですが、心不全がひどく打つ手がありませんでした。お母さんは「家に帰りたい」とSちゃんを連れて帰られました。帰って直ぐに診察をしたのですが、市民病院の医師の言うとおり呼吸が浅くチアノーゼが見られました。酸素を投与してもチアノーゼの改善はなくそのまま呼吸が止まり亡くなりました。
 1歳5ヶ月というあまりに短い命でしたが、とても濃密で凝縮した一生だったと思っています。お父さん、お母さんの溢れる愛情を受けてとても幸せだったと思います。
 クリニックにはSちゃんの1歳の誕生日の写真があります。少しはにかみながらの笑顔です。1歳の誕生日を迎えても体重は2,000gを超えるか超えないかでした。心不全が悪化しないように体重増加は厳しく制限されていました。インフルエンザや麻疹、風疹ワクチンの予防接種をしたのですが、皮下注射なのに皮下組織がほとんどありません。Sちゃんは痛がって、か細いけど精一杯の大声で泣きました。「痛いことをしてごめんね。でもSちゃんにインフルエンザや麻疹、風疹にかからずに大きくなって欲しいのでどうしても打たないといけない注射なんだよ。」
 熊本市民病院のNICUではこれまで25名の18トリソミーの患者さんを診てきました。でもこれまで1歳を迎えた子どもはいませんでした。Sちゃんが初めて1歳の誕生日を迎え1歳5ヶ月間生きてくれたのです。必死に懸命に生きるSちゃん。それを溢れる愛情でお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんが支えてきたからできたことだと思います。1歳を過ぎても体重は増えなかったけど表情はしっかりとして凛々しくなっていました。Sちゃんは今年の2月にお姉ちゃんになりました。お姉ちゃんらしさが漂うようになってきたのだと思います。
 1歳5ヶ月とあまりに短い一生だったけどSちゃんは誰にも負けない深い愛情を受け、一生懸命生きた頑張りも誰にも負けていません。そしてSちゃんが残してくれた懸命に生きる姿とはにかみながらの笑顔はお父さんやお母さんにもかけがえのない思い出として残っていくだろうと思っています。僕や看護師にも深く大切な思い出として残っていきます。
 Sちゃん、もっともっと生きたかったのに支えることができなくて本当にごめんね。僕がSちゃんと付き合ったのは1年2ヶ月だけどSちゃんのことは決して忘れません。精一杯生きることの大切さと一人の人間としてのかけがえのない尊厳を教えてもらいました。Sちゃんを診ることができて幸せでした。本当にありがとう。
 ゆっくりと安らかに眠って下さい、Sちゃん。
タグ:s
posted by Tぼらん at 22:30| Comment(0) | クリニックのブログ

2014年11月02日

ゴッホ園のヒマワリが満開です。

六嘉県道を御船に向かって行き、サントリービール公園に行く途中にゴッホ園と名付けられた地元の人がボランティアで植えているヒマワリ園があります。一万本を越えると思われるヒマワリが植えてあるのですが
ちょうど満開になっています。いつも満開になると熊日新聞にカラー写真で紹介され大勢の人が見学に来るのですが、、まだ紹介されていないので今日は訪れる人もごくわずでした。
 ヒマワリ園から道路を挟んだ南側に僕が借りている畑があります。サニーレタスなどのガーデンレタスの定植や絹さや、スナップエンドウの種蒔きなど今日一日畑仕事をたっぷりしました。ヒマワリは南に花を向けます。一斉に畑仕事をしている僕の方を見ているヒマワリは圧巻です。ヒマワリの笑顔に今日も元気づけられました。
 心躍るような見事なヒマワリ園を見に来られませんか。
posted by Tぼらん at 21:33| Comment(0) | クリニックのブログ